ブラック会社は優秀な社員を必要としていない

ブラック会社は優秀な社員を必要としていない

例えば、ブラック会社の例に居酒屋などチェーン展開している飲食店が挙げられることがあります。 社員を管理者にして残業代なしにしたり、アルバイトなのに長時間労働をさせたりするといった話もあったと思います。 居酒屋といえば、料理とお酒を提供する飲食店なわけですが、チェーン展開している居酒屋はそもそも料理自体が難しいものではなかったりします。 もちろん、刺身を盛ったり、焼き鳥を焼いたりといった調理はありますが、何年も修業した料理人がチェーン居酒屋の厨房に立っているわけでもありません。 本部が仕入れた材料を、これまた本部直轄の調理工場(セントラルキッチン)で下ごしらえしてから店舗へ配送して、調理人が最後の仕上げと盛り付けをして出来上がり、という「仕組み」です。 (あくまで一般論です。これ以外のやり方をされている店舗もあるでしょう。)

注文を聞いたり、各テーブルに料理がない状態を避けるために調理作業を調整するなど、現場として行うべきことはあります。 それも、「マニュアル」を用意することで、ある程度のサービスレベルは保てます。 アルバイトなどで入社すると、とにかくマニュアルを覚えておくようにいわれるそうです。逆にいえば、マニュアル通りにすれば、アルバイトでも調理ができるということです。 チェーン展開の居酒屋を営業していくためには仕組みとマニュアルがあればよく、社員を育成し、スキルや経験をつけさせる必要がないビジネスモデルということになりますね。

ビジネスモデルとして、現場の社員のレベルが低くても構わないため、優秀な社員を引き留める必要性が低いのです。 それよりも、1日1日の営業活動をいかに少ない人件費でまかなうか、ということのほうが会社としての利益につながるのです。 人件費を下げるには、一つ一つの注文をいかに少ない人数でさばくかにかかってきます。 現場にはアルバイトのシフト管理などの、いわゆる管理職も必要です。管理職には社員を充てざるを得ませんが、現場の作業と管理業務を、残業してでもやってもらうのです。 ある店舗で管理職が辞めたところで、多店舗展開しているので、会社全体への影響はそれほどないというわけです。

ブラック会社は、ブラックなままで存続し続けられる理由があるわけです。転職先のビジネスモデルや営業活動の実態を聞いて、避けるようにするしかないですね。

ブラック会社に転職したくない人の「会社の選び方」

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)