福利厚生に期待するなら大企業と中小企業のどちらに転職するのがいいか

会社に入ると、社員に対しては福利厚生という特典が受けられます。 もちろん会社によって様々ですが、社会保険料以外の福利厚生は社員として転職するうえで、気になる点のひとつですよね。 福利厚生を考えたとき、大企業と中小企業、どちらに転職するとメリットがあるのでしょうか。

大企業は福利厚生が充実している

大企業は社員の人数が多いため、いわゆる団体割引に近い状態になり、値引きがされることがあります。 スポーツクラブや旅行先のホテルの宿泊費などです。 特にスポーツクラブについては、社員の健康を守る意味でも高い割引率を用意している場合があります。 また大手企業の系列企業同士で割引メリットを利かせている場合もあります。 系列会社が多く、業種も多様な大企業ならではのメリットといえるでしょう。

バブル崩壊などの何度かの不況で、そういった予算を削る企業もあるかとは思います。 しかし、大企業が欲しい人材は、そもそも大企業にいた人であったりしますので、福利厚生などの待遇面で転職希望者がデメリットを感じるような場面は避けたいものです。

また、いわゆる会社での飲み会や社員旅行に対する予算を出す企業もあります。 いろいろと言われますが、社員同士のコミュニケーションをしっかり取ってほしいと考えた場合に、予算を出すというのは会社として自然な施策なのではないでしょうか。

中小企業も、人材獲得のために独自の福利厚生をアピール

中小企業では福利厚生に予算をそれほど割けません。 しかし優秀な人材を獲得しないといけないので、あまりに福利厚生がお粗末だと不利になります。 大手企業の系列である場合は、大手企業に準ずる待遇が得られるかもしれません。 ですが基本的には中小企業は福利厚生面では見劣りするかもしれません。

たまに採用広告や会社訪問などといった記事がメディアにでることがあります。 広い休憩スペースや、オープンな雰囲気の会議室、あるいはコーヒーやドリンク類の飲み放題など独自の福利厚生を設けている企業もあるようです。 いわゆるベンチャー企業などは、人が採用できないと会社の成長が見込めませんので、限られた予算の中で話題性のある工夫を凝らした福利厚生を考えますね。 実際に使われるかどうかはともかく、会社の採用に対する姿勢をはかる意味でも福利厚生に注目してみてはいかがでしょうか。

オフィスや労働環境を考えると大企業と中小企業のどちらに転職したほうが良いか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)