転職エージェントを掛け持ちする

転職エージェントの掛け持ち利用を勧める人は多い

転職エージェントは、登録するとしばらく、だいたい3ヶ月ぐらいが目安だといいますが、応募者の志望に合った会社を紹介してくれます。もちろん、登録時にすでにあった案件だけではなくて、新しい案件がきた場合も、内容が応募者に合うようなら追加で紹介してくれます。また、転職エージェントと契約している企業に応募者の「履歴書」や「職務経歴書」をもって提案にいってくれたりもします。転職エージェントは、応募者を企業に紹介して、内定そして採用されないともうからない仕事です。応募者と利害は一致していますので、積極的に動いてくれます。応募者としても、この転職エージェントにお世話になろう、といった気持ちになるかと思います。

とはいえ、転職エージェントも仕事であり、個々人によって仕事のクオリティやスピードに差が出るのはあたりまえです。ベテランで仕事をばりばりやってくれる転職エージェントばかりではないはずです。また、応募者と転職エージェントは、お互いにそのときだけの協力関係ですし、性格その他で合う・合わないはどうしてもあります。そういう意味でも、転職エージェントは掛け持ちで、つまり、一時に複数の転職エージェントに登録し、動いてもらうことを勧める人は多いようです。

転職エージェントの効率と確実性を考えると掛け持ち利用はおすすめ

応募者が、転職エージェント以外でも、たとえば転職サイトや企業への直接応募などで、転職する案件をいろいろと持っているならば、無理に掛け持ちすることはありません。実際、違う会社の転職エージェント同士でも、同じ企業からの依頼を受けて動いている場合があるのです。同じ企業に対して、複数の転職エージェントから同じ応募者が紹介される、などというケースもないわけではありません。

しかし、それでも転職エージェントの掛け持ち利用をしたほうがいいのは、実際のところ、特に退職後の転職活動は、時間が余るのです。仕事を続けている人はともかく、退職してしまえば、やることがありません。いくら人気の人でも、面接には1時間程度しかかかりませんし、1日に例えば3社4社の面接をしたとしても、それでも大半の時間は余ってしまうでしょう。ましてや、普通の応募者ならば、1週間に3社面接があればいいほうだと思います。であれば1社の転職エージェントだけに頼っていたのでは、1週間に1社面接できればいいほうでしょう。

企業側も、すべての転職エージェントに依頼するわけではありません。むしろ、信頼できる転職エージェントにしぼって依頼するでしょう。そうすると、なるべく多くの転職エージェントに依頼しないと、紹介さえしてもらえない企業が多く出てくることになるのです。転職エージェントによって、それぞれ得意分野や関係の深い企業があるわけです。基本的に、転職活動というのは、一人の応募者をなるべく多くの企業の目にとめてもらい、検討してもらうことで初めて成り立つものです。つまり、数を取らないと1社の内定に結びつかないのです。そういう意味でも転職エージェントは掛け持ちするべきです。転職エージェントの側も、結局、他で決まってしまえば、それは縁がなかったということですので、あれこれ考える前に、次の応募者にとりかかるはずです。お互いビジネスですので、目的に応じて、正しいスタンスをもって行動するべきでしょう。

もし複数の転職エージェントから同じ企業を紹介されたら

なお、同じ企業を複数の転職エージェントから紹介されるようなケースもあります。その場合は、より深い情報をもっている転職エージェントのほうが、企業と関係が深いことになります。深い情報というのは、応募先企業の経営状況や人事にまつわる課題、新製品や支社支店新設などの事業拡大、そういった求人の理由につながる情報です。また、過去に転職させた実績があれば、転職者からより深い内容を聞くこともできるでしょう。よって、それぞれの転職エージェントから聞いた情報で、より関係の深そうなほうから応募してください。

その他にもある掛け持ちメリット

転職エージェントを掛け持ちするもう一つのメリットは、いろいろな転職エージェントの話が聞けることです。転職エージェントは、転職活動のプロであり、また、多くの企業と接する機会があるビジネスパーソンでもあります。転職マーケットについても、ネガティブな話をする人もいますし、ポジティブに話す人もいます。人と職業というものについて、しっかりと考察している人もいますし、応募者も自分の仕事について見つめなおす機械でもありますので、時間のあるときにじっくり話を聞いてみるのも良いと思います。人によっては同じ転職エージェントに2回3回とお世話になることもありますので、よい転職エージェントを見つけてください。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)