転職を考えるときに大切にしたい7つのこと

転職を考えるときに大切にしたいことがあります。会社はその人生のほとんどの時間を費やす場所です。それを変えるのが転職です。影響は大きいですし、現実を変える手段としては有効でしょう。しかし、転職活動はほとんどの場合、確実に成功できるものではありません。メリットだけでなく、デメリットが生じるのが普通です。可能ならば、今の仕事を続けるほうが、ほとんどの場合、確実です。転職に踏み出す前に、大切に考えておきたいことがあります。

1.今の仕事は本当に続けられないか。

限界だと感じているなら、転職すべきかもしれません。また、会社の先行きが思わしくない、という場合は仕方ないでしょう。しかし、転職活動は不確実な方法ですので、「このまま今の会社を続けるメリット/デメリット」と「転職した場合」を比較して、しっかり考えてください。今の会社を続けるメリットには、例えば、「今の収入が今後しばらく続く」「業務を続けるのに問題がない」などがあります。転職活動をした場合に、必ず今より良くなるという保証はありません。

2.変えたいのは仕事内容か、会社か。

これはどちらなのかを意識することで、次の「会社を探す」活動が違ってきます。仕事内容を変えたいというのは、会社は別に同じでもいいが、挑戦したい「職種」があって、今の会社にいたのでは、その職に就けないということです。会社を変えたいというのは、同じ「職種」で、違う会社を探すということです。この場合、同じ業界で転職するということも可能かと思いますので、事情がわかっている分、比較的やりやすいでしょう。

3.自分の理想は何か、理想の中で絶対なものは何か。

理想と現実、という言葉がありますが、とりあえず、理想を考えてみましょう。普段の日常つまり現実からいったん離れてみて、理想を考えてみることで、自分の本当に望んでいたことがわかると思います。理想をそのままかなえられるわけではないですが、転職した後に、やっぱり何か違った、ということがないように、自分の気持ちに向き合うことは大切です。

理想については、いくつかの要素があると思います。例えば、給与、休日、労働時間、職種、仕事内容、待遇、会社、職場環境、同僚、上司、部下、人間関係...。その中で優先順位をつけましょう。書き出した内容を大切な順に、上から並べていくのです。絶対にはずせない、そして今回の転職でかなえたいものは何かをきちんと文章にしておきましょう。

4.たとえばどの会社で何ができれば満足なのか。

考えた理想をどう実現させるかを考えるために、例えば、の例を考えてみましょう。その理想は、どうなればかなえられるのか、現実にありえない職業を考えていても仕方ありません。合否や転職難易度はいったん考えず、どの会社で、どんな職業になれば満足かを考えましょう。そして、いったん、その会社に入る手段がないか考えましょう。求人募集をしていれば、応募を考えましょう。できれば、複数の会社・複数の職種で色々と挙げておきましょう。選択肢は多いほうがいいです。

5.自分の経歴、能力、経験で、それが可能か。

いったん現実にもどって、経歴や能力、いままでの経験を照らし合わせて、理想の状況や、理想の会社、理想の職種につけるかどうか、考えましょう。無理だと思ってしまうかもしれませんが、考えるべきは、無理かどうかではありません。何がどれぐらい違うのかということです。経験がないから無理なのか、能力がないから無理なのか、そして、どの程度無理なのかということです。では、今の自分が、どのような経験をすれば無理じゃなくなるのか、どういう能力を上げれば、無理じゃなくなるのか、具体的に考えてください。転職は1回だけと限られたものではありません。どのようなシナリオでもあり得るのです。ぼんやりではなく、明確に、具体的に、現実的に、何をどうすれば無理じゃなくなって、理想をかなえられるのか、考えてください。

6.生活はどうなるか。生活資金は十分か。

転職活動は、いつ終わるかわかりません。内定をいただけるまで、永遠に続く可能性があります。もちろん、その間も生活をしなければなりません。仕事を続けながら転職活動する場合は、生活資金に問題ないかもしれませんが、当然、活動時間に制限が加わります。面接など急に呼び出しがかかる場合もあります。できれば、貯金があるほうが、自分の気持ちに余裕も生まれますので、お金のことをきちんと考えてください。つなぎのアルバイトを考えてみるのもよいでしょう。

7.いつまでに転職しなければいけないのか。

スケジュールを考えましょう。生活資金がいつまでもつか、ということもありますが、短期戦をやるのか、長期戦をやるのか、イメージをしておくことは大切です。会社を辞めて、短い時間で転職するなら、1・2ヶ月の間にどれぐらいのペースで応募して面接を受けないといけないか、段取りを考えておきましょう。仕事をしながら、ゆっくり転職活動するなら、どの会社から受けるのか、を考える必要があります。

これら7つのことを考えてから、転職活動をスタートしてみてください。何も考えずに転職活動に入るより、より良い結果に結びつくと思います。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)