在職中に転職活動するか、会社を辞めてから転職活動するか

転職活動をするにあたって、会社を辞めるかどうかは悩ましい問題です。仕事をしながら転職活動をすると、当然、朝や夜の時間に活動することになります。書類を作成している期間はいいですが、面接を受けるとなると、応募先企業も当然、業務時間に面接時間を設定しますので、時間が制限されると、面接の時間設定が難しくなります。

応募先企業によっては、夜遅い時間(18時や19時スタート等)に面接してくれるところもあるかと思いますが、日中の仕事で何か予期せぬ事態があったりすると、面接に遅れるということもあり得ます。ただでさえ面接には気を使うと思いますので、あわてて面接場所に行くのは、あまりよいことではありません。

とはいえ、勤務時間を調整できるなら、在職中に転職活動するほうがいいです。
というのは、会社を辞めると、転職活動に集中できていいですが、収入の手段がなくなります。貯金のある方はしばらく問題ないと思いますが...。転職活動はいつ終わるか、わからないものです。 どの程度の期間なら問題なく活動できるか、スケジューリングておいたほうがいいかと思います。

まとめると、在職中は収入を気にしなくていいが、転職活動に時間という制限が加わる。会社を辞めると、時間は調整しやすいですが、収入が心配になる、ということになります。どちらもメリット・デメリットがありますので、自分にあったやり方を選んでください。

余裕があれば、まず在職中に1社でも2社でも受けてみて、難しければ会社を辞めることを考えてみてはいかがでしょうか。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)