転職エージェント

人材紹介会社の転職エージェントに紹介してもらって転職するためのコツ(Tips)をご紹介します。ビジネスとはいえ、孤独な転職活動を支えてくれる心強い仲間、それが転職エージェント。転職エージェントを上手に利用して、また、転職エージェントとうまくコミュニケーションするために、知っておきたいことがあります。

転職エージェントを利用する5つのメリット

人材紹介会社は求人を募集している企業と契約して、候補者を紹介する会社です。実際に候補者と面談して、志望にあう案件と結びつけるのが、転職エージェントと呼ばれる人たちです。そんな転職エージェントを利用するメリットは5つあります。 >> 転職エージェント経由の応募

非公開求人

求人情報とは、広く公開してよい人を探したいもののはず。なぜ非公開求人があるのでしょう。企業が求人情報を非公開にする理由と、その非公開求人の情報が転職エージェントに集まる理由を考えてみました。 >> 非公開求人と転職エージェント

スカウトサービス

転職サイトに掲載されているスカウトサービス。誰しも良い仕事のある企業からスカウトされてみたいものです。実際にスカウトしているのは転職エージェントです。では、転職エージェントにスカウトされるためにはどうすればいいのでしょうか。 >> スカウトサービスは転職エージェントからのアプローチを待つサービス

デメリット

頼りになる転職活動のプロである転職エージェントですが、利用にあたってデメリットもあります。転職エージェントのビジネスの実際を考えれば、仕方がない面もありますが、あらかじめ理解した上で、登録に望みましょう。 >> 転職エージェント経由で転職する際に気をつけたい6つのデメリット

掛け持ち

転職エージェントは、応募者の志望にあった求人を探して、面接のアドバイスまでしてくれます。特定のエージェントを頼りにしてしまう気持ちはわかりますが、複数の転職エージェントを掛け持ち利用するのを勧める声も多いです。転職エージェントの掛け持ち利用について考えてみました。 >> 転職エージェントを掛け持ちする

できる転職エージェント

同じ転職エージェントにお世話になるなら、できる転職エージェントに担当してもらいたいですよね。でも、どんな人ができる転職エージェントなのでしょうか。面接前と後にかかわる、6つのポイントで考えてみました。 >> できる転職エージェントの見分け方

面談でよくあるパターン

転職エージェントは転職希望者との面談をすることで、職歴や志望状況、また人間性などを考えて応募先を紹介します。とはいえ、お仕事ですので転職エージェントは面談に慣れたもの。こちらは初めてだったりします。そこで、よくある面談のパターンを考えてみました。だいたいの話がわかっていれば、自分の意志をしっかり伝えられると思います。 >> 転職エージェントとの面談でよくあるパターン

求人票の見方

転職エージェントと面談するともらえる求人票。そこには仕事の情報が書かれています。もし転職すれば長い付き合いになる会社。求人票から会社の情報をつかむためのヒント、求人票の見方を考えてみました。 >> 転職エージェントからもらえる求人票の見方

ハイクラス求人

転職で年収を上げたい、という人は多いでしょう。中には、800万円だとか1000万円だとかのハイクラス求人が存在するそうです。いったいハイクラス求人はどんな求人なのか、そしてそれを扱う転職エージェントとは。ハイクラス求人について考えてみました。 >> 1000万円以上のハイクラス求人を扱う転職エージェントは実在するか

外資系専門

外資系企業の進出が活発です。当然、日本国内での求人も行われていて、そこには外資系企業を専門とする転職エージェントの活躍があります。現在、外資系ではない会社で働いている人にとっては、あまりなじみのない外資系ですが、外資系専門となる転職エージェントの存在する理由と、外資系に興味がある人が転職エージェントとコンタクトを取る手段を考えてみました。 >> 外資系企業専門の転職エージェント

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)