ハイクラス転職する人材に求められるスキル

ハイクラス転職する人材のスキルとしては、専門分野の高い知識、そしてそれを活用できるノウハウが、必要となります。 コンサルティングやセールスなど顧客に直接対応する職種なら、顧客との折衝も高いレベルでこなし、収益につなげることが求められます。 バックオフィスなど企業内でのサービスなら、単なる担当者ではなく、その会社にふさわしい制度・運用・規則・ITソリューションの選定など、会社全体を俯瞰したうえでの設計スキルが必要となります。 つまり担当する職域においては、上長・部下・他部署すべて、その会社全体を動かすだけの力量が求められるのです。

また、それだけでなく、そのスキルを企業活動に活かすための組織、それをリードする立場での働きまで期待されます。 チームや部門を率いるということで、採用や教育、後輩や部下を指導し、育成していく立場ということになります。 組織のパフォーマンスには、他部署から配属されてくる人員の優劣や素養もかかわってくるでしょう。 必ずしも優秀な人が配属されるとは限りません。 そうなれば単なる教育・研修カリキュラムを用意するということにとどまらず、チームビルディングやコーチングのスキル、あるいは他部門の責任者との交渉スキルが求められるでしょう。

職務の遂行という意味だと、社内の別の部門との連携も必要となってきます。 プロジェクト案件ならば、関係する部署の人から情報あるいは資金、または人員を得なければならない場面が考えられます。 当然転職して新たに加わるわけですから、いわゆるプロパーの社員からは“外から来た人”といった見られ方をするかもしれません。 そうした中で、置かれた立場や“空気”を読みながら、利害関係を把握したり、社内の業務分掌にまつわる調整をしたりするのも役割の一つです。

自らも高いレベルで業務を遂行しながら、人を育て、関係各部署と調整し、顧客を満足させるのがハイクラスな人材と言えるでしょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)