スカウトサービスは転職エージェントからのアプローチを待つサービス

転職活動のゴールは内定、つまり採用です。採用される、というのはどういう状況かと、考えてみました。採用される状況としては次の5つのパターンが考えられると思います。採用される理由の強いものから順に並べてみました。

1. 引き抜き

取引関係や旧知の場合に、人材として評価されて、引き抜かれる場合。「ウチにこない?」などという誘い文句で発生します。コネクションありで、かつ、仕事ぶりを評価されているので、転職が成立しやすいといえるでしょう。なお、転職エージェントによる、いわゆる「ヘッドハンティング」の中には、「引き抜き」にあたるものと、「転職エージェントの案件数確保」の2パターンあるので、注意。後者の場合は、通常の転職エージェント経由の応募とそれほど違わない場合があります。

2. 推薦あり、コネクションあり

取引関係があったり、今後何かしら個人・会社としてつながりが発生するような場合に、取引先会社からの推薦や、上層部にコネクションがある場合に成立します。人材としての評価を、応募先企業以外の会社や、応募先企業の内部に所属する誰かが担保する形。企業にとってみれば、現在のビジネスへの影響を考慮して採用する、という意味もあります。人事部としても、配属先部署の上層部や、会社の経営陣の経営判断が先に立つ形で入社を決定するので、ある意味、反対する理由のない採用といえるでしょう。もちろんケースバイケースではあると思いますが...。ただし、推薦やコネクションがあっても、弱いものである場合は、通常の転職活動と変わりません。

3. 欠員補充

誰かが退職するなどして、欠員が出る場合、補充しないと業務に支障が出るため、雇用企業には期日までに採用する必要性が生じるものです。部署担当に見合うだけのスキル・経験があれば採用されることになります。部署担当が明確なため、採用側も決定しやすいでしょう。前任者との比較ができるので、見極めもしやすいといえます。

4. 業務拡大

将来の欠員、という意味で次に必然性が高いパターンです。業務が拡大する場合、必要なスキルを持った人材で、人数をそろえなければ、業務に影響が出て、ビジネスに支障が出ます。部署担当に見合うだけのスキル・経験があれば、採用の可能性が高いです。人数をそろえる必要があるという意味で、スキル・経験が少し足りない場合でも、今後の可能性に期待して採用する、いわゆる「ポテンシャル採用」が行われる可能性があります。支社・支店の開設、新規事業・新プロジェクト立ち上げなどのタイミングで発生しやすい採用パターンです。

5. 通常の転職活動

上記の4パターン以外で、面接や試験による評価で、人材として評価され雇用される場合です。雇用先企業側での判断材料が少ないため、職務経歴書などの書類や、面接中の会話など限定された情報に左右され、欠員補充や業務拡大など企業側に採用しなければならない理由もない場合、転職が成立しづらいといえます。いわゆる「良い人がいれば採用したい」というパターンです。この場合、なぜ採用されずらいかというと、企業側にニーズがあまりないからです。人事にも「いつまでに何人採用」という目標がないので、何か材料があれば遠慮なく落とすことができます。求職者としては、採用するメリットを応募先企業の人事担当者や面接官に納得してもらう必要があり、より書類や面接での主張を磨く必要があるといえるでしょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)