転勤や単身赴任を考えると、大企業と中小企業のどちらに転職するのが良いか

転勤というのは、仕事の都合で現在の居住地の通勤可能圏を超えて異動することです。 当然、家族は引っ越しをせざるを得えず、子供は転校を強いられ、友達と別れなければなりません。 しかし収入をまかなっている仕事を重視した場合は当然、と考える人もいるかと思います。

単身赴任というのは、仕事をしている方だけが一人で勤務地に引っ越すことです。 引っ越しをしないので、家族を優先でき、家族は今までの生活を変える必要がありません。 しかし、単身者は食事や家事など、生活の面でいくばくか不便な環境に身を置くことになります。 人によっては全く困らない、むしろ手当などもあって収入が増えるので歓迎する人もいるでしょう。

いずれにしても、仕事での事情が優先されるわけですが、転勤や単身赴任を避けたい場合は大企業と中小企業どちらを選べばよいのでしょうか。

大企業は商圏が広いので、転勤や単身赴任が多い

大企業は商圏が広く、また業態やビジネスモデルによっては、当たり前のように海外を含めた転勤があり得ます。 国内でも支社の数が多く、ビジネスの展開や人事の都合で人の異動が必要になるわけです。 おそらく、転職時の面接時に「転勤や単身赴任が可能かどうか」ということを聞かれると思います。

企業側としても、入社後に人材配置計画がうまくいかないリスクがありますので、当然でしょう。 たとえば、商圏の拡大を計画していて、そのためにまず本社勤務で経験を積ませて、その後転勤させるといったシナリオがあり得るわけです。 大企業に転職する場合は、転勤や単身赴任をある程度覚悟して臨む必要があると思います。

中小企業は会社や事業内容、仕事内容によってはありえる

中小企業の場合は、会社によると思いますが、事業内容や仕事内容によってまちまちというのが実情ではないでしょうか。 会社が本社だけしかなければ、転勤のしようがないわけですが、よく仕事内容を聞いておく必要があります。 たとえば転勤はないが、仕事のためにある地方に一定期間留まる必要がある場合などは、長期出張があることも考えられます。 その企業の顧客がどこにいるか、そして顧客との折衝に対して、どれぐらいの期間をかけるかといった事情によるかとおもいます。

通常は、あっても短期間の出張だけで、本社または近隣の支社だけで概ねの仕事がまわっているというのが、中小企業の大多数ではないでしょうか。 とはいえ、例えば地方都市の中小企業であったとしても、事業が伸びて東京・名古屋・大阪・福岡などの主要都市に支社が増えていくという可能性がないわけではありません。 中小企業に転職する場合は、その会社の状況や仕事の内容をしっかりと調査したり面接で聞くなどして、転勤や単身赴任の可能性があるかないか、または自分の希望を伝えるようにしましょう。

福利厚生に期待するなら大企業と中小企業のどちらに転職するのがいいか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)