大企業の採用と中小企業の採用活動に違いはあるか

転職するにあたっては、転職先の会社が採用活動をしているかどうかが大切なところです。 大企業と中小企業の採用活動に違いはあるのでしょうか。 どちらに転職するにせよ、その採用活動の特徴を理解しておくのがよいでしょう。

中小企業は応募者を増やしたい

中小企業は、採用にかける予算が大企業ほど潤沢にありません。 採用というのはお金がかかるものです。 転職サイトに求人広告を載せるにしても、転職エージェントに頼むにしてもお金がかかります。 それ以前に、有名な企業や人気商品がない企業は、会社自体のネームバリューがないせいか、応募者自体がそれほど多くありません。 応募者が少ないからといって、応募者のうち採用に値する人、合格を出せる人ばかりというわけではありません。 応募者が採用される割合は変わらないのです。 ということは応募者が少ないと、単純に人が採れないのです。

中小企業は新卒採用をしていない

また中小企業では、新卒採用をせず、中途採用のみでまかなう場合があります。 一から教育しなければならない新卒に比べ、ある程度の能力を見込める中途採用のほうが失敗が少ないからです。 予算に余裕がない中小企業ならば、採用ができないことより、採用に失敗することのほうが厳しいというわけです。 そういった意味でも、人材要件にマッチするならば、中小企業のほうが採用判断は早いといえるでしょう。 また、社長面接までのステップが少ないのも中小企業ならではですね。

大企業は学歴を重視する

大企業で新卒採用をしないケースは少ないと思います。 新卒採用にあたって、学歴が重視されるケースが話題になったりしますが、それは中途採用でも同じようです。 社長や重役、幹部たちの出身大学をはじめ、これまでの採用者に多い大学出身者が重視されることがあるようです。 ある程度以上の大学であれば、就職する企業のレベルも大体想定できますし、知り合いや後輩を通じて、人となりを知ることもできるからです。

大企業の場合、何もよりも大切なのは組織としてのまとまりです。 採用した後に、組織の輪を乱すような人は困るというわけです。 面接などを通じて人となりを探りはしますが、それも限界があります。 面接官の判断を補足する上でも、一つの指標として学歴が利用されることがあるわけです。

大企業は知識やスキルを重視する

採用にかける予算という意味では、中小企業に比べ大企業のほうが潤沢に持っています。 もちろん中途採用は社内の人員不足を補うために行いますので、それなりにスケジュールというものがあります。 いつまでに何人採用しなければならないという目標はあるのですが、そのために社員より劣る人を採用するわけにもいきません。 どちらかといえば、人材要件を満たせる人材を探すことのほうが重視されます。

それどころか、新しく採用した中途入社の社員の力で、今までいた社員を活気づけたいといった期待感を込めていたりします。 知識やスキルだけではなく、その人の仕事に対する取り組み姿勢や考え方も重視することにもなりますが、そのために潤沢な予算を使って採用広告を出し、転職エージェントをフル活用するのです。 社内で必要とされている知識やスキルを持つ人材であれば、引き抜きをかけてでも採用するということができるのです。

単に予算の多寡ということではなく、大企業も中小企業もそれなりの事情があるなか採用活動をしているといえるでしょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)