面接後に「お祈り」される理由

『末筆ながら、貴殿の今後のご活躍とご発展を心からお祈り申し上げます。』というのは、採用選考に落ちたときに送られるメールの決まり文句です。いわゆるお祈りメールというものです。転職活動をしていると、お祈りメールをたくさんもらうことになります。

面接をするということは可能性があるということ

書類選考で落ちる場合は、年齢・経歴などで明らかに欲しい人材と違っていたということが考えられますが、面接を受けた後に落ちてしまうという場合は、理由を考えたほうがいいです。書類選考より面接を重視している、ということも考えられますが、面接は人事担当者や面接官となった人に時間も手間もかかるものですから、無駄に面接するということは考えにくいです。何かの理由があったと思ったほうがいいでしょう。基本的には、応募者にできるのは準備をして応募する、これだけです。内定する前応募を続けるしか方法はありません。ですが、面接で落ちると、原因は何かと考えてしまうのが普通です。ヒントとなるよう、いくつかのよくある理由を挙げてみました。

他にいい人がいた

求人の人数が少ない場合にありえるのですが、他の候補者との比較で、落ちてしまった場合です。この場合、自分に特に原因があるわけではないので、分かりにくいです。他に候補者がいるかどうか、ということも分かりようがありません。考えても落ちた原因が分からない場合は、数をこなすほうが良いと思いますので、次の会社に集中しましょう。

印象がいまいち

こちらも、面接官の反応からは分かりにくいのですが、例えば、特に何か問題があったように思えないのに、面接時間が短かった場合などに疑ってみてください。「志望動機」や「職務経歴」などの自己アピールで、特にどれが、というわけでもないが、全体的に盛り上がらなかった、というような印象がある場合は、このケースにあたるかもしれません。応募先企業が採用を急いでいない場合、特に理由もなく、いまいち、としか言いようがない場合で落ちることもあり得ます。アピール不足ということです。過去の仕事の話などに、具体性を持たせたり、もっと深く掘り下げたり、または話の題材そのものを代えたりして、少しでも面接官の印象が深まるようにしてみてください。

「スーパーマン待ち」だった

応募先企業が採用を急いでいない場合で、これは、まったく気にすることはないというケースです。採用をするにあたり、企業は人材要件を検討します。人材要件というのは、どんな人なら内定を出すのか、という条件のことです。例えばの話ですが、明晰な頭脳と、不屈の精神、情熱を持って仕事に取り組み、常に謙虚さと反省を忘れず、高学歴でスポーツマン、豊かな経験と高いスキルを持ち、ベンチャースピリッツにあふれ、会社だけでなく、業界に対してリーダーシップがとれるような、理想的な人材。色々と人材要件を考え、募集と書類選考、面接を繰り返すうちに、いつの間にかスーパーマンを待っている状態になることがあるようです。完璧な人間はいません。面接であれこれと掘り下げれば、誰でも何かしら良いところと悪いところがあります。人事担当者や面接官も人間ですので、判断基準を間違えてしまうということはあるものです。面接はビジネスですので、時の運というのはやっぱりあります。応募者としては、次の会社に備えて準備をすることに力を使ったほうが良いようです。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)