ハイクラス転職が行われる理由

ハイクラスな人材というのは、各企業で必要とされる、プロフェッショナルな人材です。 企業活動の中で、または成長過程の中で、そうしたプロフェッショナルが必要になる場面があるものです。

コンサルタントや士業など、そもそもが優秀な社員に依存するような、属人的な業種では、競合他社からの移籍は、歓迎されるようです。 顧客からの信頼が、企業ではなく担当者に向けられるような業種です。 顧客あるいは、その人がもつ人脈を保ったまま移籍してくれれば、自社の競争力が増す上に、競合他社の力をそぐことにつながります。 そのような場合は、売り上げがある程度予測できますので、年収交渉もしやすいでしょう。

そういう意味では、各企業のプロフェッショナルというのは、既存事業を支える人員と言えます。 既存事業であっても、例えば景気の波による新卒採用の減少、あるいは単にリーダーとなる“人がいない”状態は、人事上の課題となります。 事業の成長にあわせて人員を増やすことはできても、マネージメントができる人、管理者たる人材はなかなかいないという状態です。 “育てられなかった会社の責任”といってしまえばそれまでですが、必要な人は外から採用するしかありません。 そういう意味で、“リーダー候補”“部門責任者候補”といった名目のハイクラスな求人募集が行われるのでしょう。

中小企業・ベンチャー企業などで、成長期にある企業が人員増に伴って、ハイクラスなプロフェッショナルを募集するケースがあります。 事業が成長すると企業に人が増えます。人が増えれば部署・部門が増えるわけですから、組織を支えるバックオフィスの整備をしなければなりません。 組織を作り上げていく過程で当然必要になる部門ですから、業務を熟知し、人員の採用と教育から行える経験豊かな責任者が必要となるのです。

高い年収を提示するハイクラス求人は、ほかの求人広告に比べて、注目度も高くなると思います。 しかし、ハイクラス求人が行われるのは、単なる求人募集上のアピールのためではなく、各企業の事情があると思ったほうが良いでしょう。 ニーズを満たす人材が応募して初めてハイクラス転職が成立するというわけです。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)