ブラック会社が生まれる理由。なくならない理由

「ブラック会社」という言葉があります。 今、不幸にしてブラック会社に勤めているならば、転職を考えたほうがよいでしょうし、転職するなら、ブラック会社は避けたいところですね。 ちなみに、ブラック会社とは、社員に「安い給料」で「サービス残業」や「休日出勤」をさせ、「長時間労働」を課しながら、精神論を押し付けて思考力を奪って、会社に縛り続けるような会社のことだそうです。 ではなぜ「ブラック会社」が存在し、なくならないのでしょうか。いくら「強欲な経営者」や「高圧的な上司」がいたからといって、そのような会社が存続し続けるのはおかしな気もします。

どういう会社がブラック会社になるのか

一般的に、「会社」というのは人が集まって活動するものです。 何のために活動するかというと、ずばり「利益」です。 会社には「資本金」というものがありますが、「資本金」を元手にして、営業活動によって、継続して利益を上げることが会社の目的です。 会社が活動するということは、つまり会社に所属している人が活動するということですから、普通は、社員が優秀であればあるほど会社は利益が上がると考えられます。

さて、ある会社に「利益を上げられる優秀な社員」がいたとして、ブラック会社が支払う「安い給料」で働き続けるでしょうか。 そんなはずはありません。優秀な社員ならば、もっと高い給料がもらえる会社に転職するでしょう。 ということは、会社の経営者としては、優秀な社員が転職しないように高い給料を払うほうが、利益を上げられる可能性が高いはずです。 なぜ「安い給料」を払うという、会社の利益と相反する行為をするのでしょうか。優秀な社員をつなぎ留められないかもしれないのに。

その答えは、ブラック会社が、そもそも優秀な社員を求めていないからです。ブラック会社は、いわば「誰でもできるような仕事」で回っているのです。

ブラック会社は優秀な社員を必要としていない

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)