仕事の幅や、仕事を考える観点を広げやすいのは大企業と中小企業のどちらか

長年仕事を続けていくと、どうしてもマンネリになる恐れがあります。 仕事がいやだとか飽きたということはないのですが、今している仕事をずっとやり続けて本当にいいのか迷う時期がきたりします。 人は仕事にやりがいや働きがいを求めるものですが、成長している感じがなくなるとモチベーションが下がることがあるようです。 仕事の幅を広げて、仕事を考える観点を広げることが時には必要になります。 転職の理由として、新しい仕事にチャレンジしたいという意欲を挙げる人もいますが、そういう人は大企業と中小企業のどちらに転職すればよいのでしょうか。

配置転換によって仕事の幅や、仕事を考える観点を広げやすいのは大企業

大企業は組織が大きく、様々な部署でいろいろな仕事があります。 配置転換という言葉があるように、同じ企業の中で違う仕事に就く機会が多いのは大企業のメリットといえるでしょう。 企業としても配置転換ということならば、多少周りの社員の仕事に影響はありますが、コストが出ていくわけでもありませんので、実施しやすい人事施策といえます。

それどころか各部署でどうしても出てしまう課題である、仕事と人材のミスマッチを解消する手段でもあります。 会社としても人事部を中心に、人員計画を行い、転職者や新卒者を新しい部署に配置しますが、うまくその能力を発揮できない社員がでてきます。 そんな時、その社員にダメのレッテルを張るのは簡単ですが、それでは何の解決にもなりません。 合わない仕事をさせ続けると、管理職の負担が増えるばかりですので、積極的に配置転換を推し進めて問題の解決ができればよいわけです。 本人としても配置転換してみて、自分がわからなかったこと、見えなかったことが理解できると、仕事に反映されてよい方向に進むということはありえます。 配置転換は大企業ならではの課題解決方法であり、大企業に働く人にとってのメリットの一つでもあるのです。

中小企業は大企業に比べると配置転換が少なく、同じ仕事をやり続けることになる

中小企業では組織が小さいので、人材計画も比較的柔軟性がないものになります。 そもそもが欠員補充的意味合いで採用活動をしていますので、採用した社員をまた別の部署に異動させるのは、リスクでもあります。 管理職がいくつもの部署を掛け持ちしている場合もありますので、異動者に教育を施すのもままならない場合もあるでしょう。 どちらかといえば、転職時に応募した仕事をやり続けることになる可能性が高いといえるでしょう。

逆に言えば、中小企業は同じ仕事を10年20年とやり続けたい人には向いているかもしれません。 中小企業で働く場合は、ある年数ごとに転職を繰り返して、仕事の幅を広げていくことになるのかもしれません。

転勤や単身赴任を考えると、大企業と中小企業のどちらに転職するのが良いか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)