休暇、有給休暇がきちんと取れる転職先は大企業か中小企業か

休暇、特に有給休暇を楽しみに仕事をしている方は多いのではないでしょうか。 土曜日・日曜日・祝日の他に、会社からいただく給与に影響せずに休める有給休暇は、自営業やフリーランスにはないという意味で、会社で働く人の数少ない特権でもあります。 しかし、どんな会社でも必ずとれるわけではありません。 年次有給休暇をきちんと取りたい場合は、大企業と中小企業のどちらに転職すればよいのでしょうか。

大企業は有給休暇が取りやすい?

大企業では傾向としては社員に対する待遇は比較的良いと思われます。 大企業としての体面もありますし、社員の人材的評価も比較的高くなると思います。 転職して流出してしまわないようにという意味でも、休暇は取らせてくれる傾向はあるのではないでしょうか。

人が多いからこそ大企業なのであって、同じ部署に属する人が多ければ多いほど、休みを取るチャンスはあります。 出社しない日があったとしても、仕事に穴があくわけではないからです。

ただし部署によっては人が少なかったり、単純に社員の人数より仕事が多かったりすると休みは取りにくくなります。 また同僚との業務成績競争やいわゆる出世争いの渦中にあると、おいそれと休むわけにもいかなかったりします。 そういう意味では、大企業だからといって有給休暇が取れるわけでもないわけです。

中小企業は有給休暇が取りやすい?

中小企業は人が少ないわけですから、当然、休みは取りにくくなると思います。 会社としても余裕がなければ、休んでいる場合ではないということになりがちでしょう。

しかし仕事が暇な場合や、仕事の進み具合に余裕が作りやすい場合などは、有給が取れる可能性があります。 仕事上で会社に迷惑がかからなければ、休んで悪いことはないわけです。

また会社は小さくとも、経営者の考え方次第の部分があります。休みはしっかりとることで社員の生活を良くしたいという会社もあるようです。 いわゆるワークライフバランスを守る会社として、しっかりと労務管理や業務上の融通を利かせてくれる会社ならば、それだけ優秀な人材を集められるという面もあるでしょう。

いずれにせよ、有給休暇を取れるかどうかは、会社規模というよりは、業種や業界あるいは職種によるのではないでしょうか。

残業・サービス残業・休日出勤が少ないのは大企業と中小企業のどちらか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)