未経験からハイクラスと呼ばれる人材になって転職する

ハイクラス転職する人材は、“プロフェッショナル”です。 どのような職種にせよ、一朝一夕になれるようであれば、高い年収が提示されたりはしないと思います。 少なくとも数年から十数年かかるような専門知識があることは前提です。 ですから、未経験者がいきなりハイクラスとはなれません。 自分の担当している職種で、日々の仕事を行いながら、そのレベルを高めていくのが、ハイクラスになる近道です。

ハイクラスな人材は、担当する職種においてのハイレベルな知識やスキルを持っている人ということになります。 そのうえで、ハイクラス転職する人材に共通なスキルを考えてみましょう。 担当職種の専門知識以外で求められるのは、顧客との交渉や折衝、あるいは社内の関係各部署との交渉や調整ができることです。 また部門を率いるということで、後輩や部下の指導ができ、彼らを教育研修していくスキルが挙げられます。 つまり、管理職でなくとも、いわゆるマネジメントスキルが必要となるのです。

ハイクラスと言われる人材となるには、まず、自らの仕事を高いレベルで遂行できるようになりましょう。 そのうえで、組織としての働きを意識しましょう。 企業に対して大きな影響力を持つのがハイクラスな人材ですから、企業活動の中で自分の働きが最大化するような考え方、行動を心がけると良いと思います。 今いる企業で、それなりの影響力を持つ仕事ができれば、そしてほかの会社に行っても同じように仕事ができるなら、それはハイクラスな人材です。 求人企業が高い年収を出しても獲得したいと思える人材、それがハイクラス転職の対象者となるのです。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)