オフィスや労働環境を考えると大企業と中小企業のどちらに転職したほうが良いか

会社で働くということは、平日の大部分を会社のオフィスで過ごすということです。 下手すれば、深夜や休日にも過ごすことになります。 人は一生涯で、おおむね40年ほど働くことになりますので、実は人生を過ごす場所は自分の家ではなく会社なのかもしれませんね。 そんなオフィス、ひいては労働環境を考えると大企業と中小企業のどちらに転職すればよいのでしょうか。

いわゆるホワイトカラーでいうと、オフィスはビルの一室ということが多いのではないでしょうか。 どんなビルに入居しているかということでオフィスの状況が変わります。 古い雑居ビルというところもあれば、都心の一等地に建つ高層ビルという会社もあるでしょう。 もちろん都心のオフィスのほうが、退社後の、いわゆるアフターファイブの時間は楽しいかもしれません。

オフィスビルというのは、事務所専用の建物ですから、大部分は何もないスペースです。 事務所用ということで、空調設備がフロアまたはビル全体で管理されています。 古い建物だと、悩みの種は空調ではないでしょうか。 夏はクーラーの効きが悪いかまたはクーラーが効きすぎ、冬は逆に暖房が効かないか、または効きすぎるといった場面を目にします。 オフィスで羽織る薄手の上着が重宝されたりするのを聞きますが、ちょうどいい空調ができないというのは悩みの種ですね。

オフィスには、デスクと椅子がつきものです。 また会議室には長机と椅子があるでしょう。 職種や業態にもよりますが、オフィスの机や椅子にお金をかけるかどうかで、会社の考え方があらわれると思います。 社員のことを考えると、オフィスチェアは背もたれや座面の良いものを導入するでしょう。 いわゆる事務の仕事を長時間行う場合は、腰痛などのリスクもあります。

大企業だからといってオフィスが充実している、逆に中小企業だからといってオフィスが古いとも限らないようです。 大企業でも古くからある部署では、古いビルに入居していて、年季の入った机で仕事をすることもあります。 また中小企業でも、こちらも社員の定着や採用のために、オフィス設備を充実させる会社もあるようです。

転職活動時にオフィス環境を調べるのは難しいですが、どんなオフィスビルに入っているか、ぐらいは住所から調べればすぐにわかります。 オフィス環境、労働環境を重視するなら、調べておいてもよいでしょう。

休暇、有給休暇がきちんと取れる転職先は大企業か中小企業か

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)