ブラック会社になる理由は、開発したシステムの価値をわかっていないから

誰も、開発したシステムの価値をわかっていない

システムが依頼主企業にもたらす価値の対価であるシステム開発予算が減らされがちな理由は、システムの価値のわかりにくさにあります。 本来は、依頼主の企業がシステムを導入する場合、導入したシステムのもたらす価値をあらかじめ計算した上で予算を決定するべきです。 たとえば、システム導入によって事務作業が効率化されるということなら、短縮された時間を時給で換算するなどすればある程度測ることはできます。 しかし、事務作業が効率化しても、依頼主企業の業績が直接上がるわけではありません。 それに依頼主企業は、こうした導入価値の計算が得意なところばかりではありません。むしろ、導入効果は売り手のSIerが行うことのほうが多いでしょう。 そうなると、依頼主企業にとっては、システムを売るためのセールストークなのか、システム導入の価値なのかがよくわからなくなります。

SIerのほうも、依頼主企業の業務内容を調査するものの、あくまで他社の内情なので、完全に理解することはできないわけです。 システムの導入影響を計算して提示はできても、それが正しいのかどうかはわからないのです。 つまりSIerにとって製品である「開発されたシステム」の価値は、わからないといえるのです。

売っているSIerの営業担当者は、営業の担当ですから、システムの専門家ではありません。 システムの専門家ではないですが、営業という立場上、交渉の最前線に立っているわけです。 競合に勝って契約を勝ち取るのが営業の役割ですので、当然システム開発予算の交渉において、採算ぎりぎりまで値交渉を行うこともあるでしょう。

そして作る側の開発担当者も、自分たちが開発するシステムの市場価値をわかっていないのだと思います。 システムエンジニアは、システム開発の専門家であって、どちらかといえばビジネスやお金まわりに疎い人が多いのではないでしょうか。 その開発プロジェクトに何人を何か月(何人月)投入したかはわかっていても、依頼主企業がどれだけのメリットを受けるかというのを計算できる人は少ないと思います。 つまり、買い手・売り手・作り手の三者ともが理解していないのです。

開発現場のブラック化に追い打ちをかける仕様変更

もともと潤沢ではない予算でスタートするシステムの開発ですが、開発期間中に「仕様変更」がよく起こります。 仕様変更とは、設計していたシステムを変更することです。 開発途中で依頼主企業が変更を申し入れたり、設計自体にミスがあり、システムがうまく動かないという場合に行われます。 システムというのは、開発前には使用できませんので、開発前の設計時点ではあくまで机上の(紙上の)計算でしかないわけです。 ただ、依頼主企業にとっては業務で使う道具ですから、自社の業務にぴったりのものでないと困るわけです。

もちろん、システムエンジニアがきちんと調査して設計しています。 調査というのは資料や質疑応答ですが、なにせ依頼主はシステムの素人、システムエンジニアは依頼主企業の業務を完全に把握できるわけでもありません。 どうしても仕様変更が発生しますが、仕様変更があると、設計・開発・テストなどといったシステム開発プロセスをやり直すことになります。 また、仕様変更したほかの部分に影響があることも多く、これが開発にかかる時間に影響を及ぼします。

ぎりぎりの人数で開発していてたところに、やり直しの作業が発生するわけですから、どうしても時間が足りません。 依頼主との間に約束した納期がありますので、それまでに間に合わせる必要があります。 システム開発では、人が動かないと作業が進みませんので、結局、残業や休日出勤でカバーすることになります。 これがシステム開発がブラックになりがちな理由といえるのではないでしょうか。

ブラックじゃないシステム開発会社を探して転職するための3つの視点

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)