転職先に良いのは大企業と中小企業のどちらか

会社というのは人が集まって行動する組織です。 組織である以上、その規模によってある程度の特徴やメリット・デメリットがあるようです。 だからこそ、大企業から中小企業、または中小企業から大企業へという転職を志す方もいらっしゃるわけです。 もし、転職活動において選べるとしたら、転職先として大企業と中小企業のどちらが良いのかを考えるために、いくつかの観点で比べてみましょう。

やりがい・働きがい、モチベーション

転職した後でも、会社は仕事をする場所ですから、意欲的に仕事に取り組めるかどうかは大切なことです。 転職理由でもやりがい・働きがいを求める人は多いと思います。 どのようなことにやりがいや働きがいを感じるかは、人によって違うと思いますが、毎日会社で働き続けるために、モチベーションを得られる会社であるということは大切なことです。 大企業と中小企業、どちらがやりがい・働きがいがあるのでしょうか。

会社の経営に参加できる。戦略にかかわれる

会社の経営や戦略策定にかかわれるかどうかということを考えると、圧倒的に中小企業のほうが可能性があるでしょう。 社員の人数が少ないということは、経営戦略を考える人も少ないということです。 中小企業とはいえ、全員が同じ仕事をしているわけではありませんので、自分が担当している仕事に関係する案件であれば、意見を求められることもあるかと思います。 自分の意見が会社の経営に少しでも反映されたら、それはやりがいにつながるのではないでしょうか。

もちろん、会社の経営陣が一切を決めるという場合もあるでしょうし、ワンマン経営者であれば意見を聞いてもらうことも難しいでしょう。 しかし、傾向としては人数が少ない中小企業のほうがチャンスが多いようです。

もちろん、大企業でも経営陣や部署の上長の考え方次第で、チャンスが与えられることがあります。 ただ大企業は人数も多いわけで、それだけ自分の意見を主張したい人も多く、チャンスがあったとしても自分が意見を言えるかどうかはわかりません。 社員の意見を活用している会社、とアピールしているような会社でも、実は意見を聞いてもらえるのは、期待されている一握りのエリートや経営陣お気に入りの社員だけ、ということもあるでしょうね。

ですが、多くの同僚がいる上で、自分の意見を主張していくというのも、大企業の醍醐味ではないでしょうか。 たとえ大企業でも、自分の意見をどんどんアピールできる人にとっては、人数は関係ないのかもしれません。

管理職への登用を目指すなら、大企業と中小企業のどちらへ転職するのが良いか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)