転職エージェントとの面談でよくあるパターン

転職エージェントとの面談でよくあるパターン

転職エージェントは、人に会って話をする職業です。応募者と会って、求人企業の人事担当者や決済者と話してこそ仕事が進みます。特に、応募者については、やる気になって企業に応募して、面接を受けてもらわなければなりません。もちろん、月ごとにノルマというか目標がありますので、何人もの応募者を担当しています。転職エージェントに登録すると、最初に転職エージェントと面談しますが、大体、トークの内容が決まっているようです。もちろん会話なので、色々と違う点もあると思いますが、話の流れがわかっていれば、自分の話すべきことをきっちり話せると思います。よくある話のパターンを挙げておきます。

あいさつ・自己紹介

たいてい初対面ですので、あいさつがあり、名刺をもらいます。自己紹介として、転職エージェントの担当範囲や簡単な経歴などを教えてくれます。

転職状況の共有

今度は、転職エージェントから応募者に対して、現在の状況を聞いてきます。在職中なのかどうか。転職活動はどこまで進んでいるか。すでに他の会社で応募中であれば、正直に伝えてあげたほうがいいでしょう。

現在の求人マーケットの共有

転職エージェントから現在の求人マーケット、要するに、求人が活発かどうかということを教えてくれます。一概に好況だの不景気だのということではなく、業界・業種によっての状況だったり、特定の職種や会社の話だったり、さまざまです。転職エージェントとしては、応募者がどういう話に興味を示すか、ということで志望度合いや気持ちを探る意味もあるようです。興味がある話題であれば、遠慮せずにどんどん聞きましょう。

プロフィールと業種・職種の確認

転職エージェントが、応募者の履歴書や職務経歴書を読みながら、内容を確認します。結構、細かい話をつっこんで聞かれることもあると思います。この後、転職エージェントは、応募先企業に対して、応募者を売り込まなければならないわけですから、そのネタを仕入れる必要があるのです。可能な限り、答えましょう。実はこの段階ぐらいから、面接ぽくなってきたりします。転職エージェントは、担当する応募先企業の人事担当者の代行をしていたりしますので、そのつもりで真剣に答えましょう。

求人の紹介

応募者の職歴や志望がわかったら、現在、担当している企業の求人をいくつか紹介してくれます。これがいわゆる「非公開求人」というものです。実際は、転職サイトに掲載されているような求人も混ざってますが、気にせず話を聞きましょう。転職エージェントも人の子ですので、真剣に聞いている応募者については、熱意をもって探してくれるようになります。気に入った求人がないからといって、邪険な態度をとらないようにしましょう。ここで出てこなかった求人についても、後日紹介してもらえることがあります。良い求人がでたときに、早くまわしてもらう、というのも大事なポイントです。

おすすめ企業の紹介

求人の中でも転職エージェントが特に応募者におすすめの企業については、細かく話をしてくれます。転職エージェントも商売ですので、大量に求人をかけている企業や、商売上の関係が深い企業、つまりお得意様については、なるべく応募者を集めたいという場合もあると思います。応募する意志がないのであれば無理をすることもないですが、自分で想像してなかった職種の求人が見つかるかもしれませんので、聞くようにしましょう。転職事例が多ければ、それだけ有効な面接のアドバイスをしてもらえる企業だということでもあります。

職務経歴書の添削

職務経歴書は、履歴書と違って、書式が完全に決まっているものではありません。応募者の経歴のうち、何を全面に出して書くべきか、ケースバイケースです。転職エージェントによって、職務経歴書かくあるべし、という意見がある場合もあります。たいていの場合、事前に応募者が書いた職務経歴書に添削をしてくれます。職務経歴書は、書類選考を通過するための唯一の武器であり、また、転職エージェントが応募先企業に応募者を売り込む際の、いわばプレゼン資料でもあります。転職エージェントの意見を素直に聞いて、修正しましょう。

面接アドバイス

応募者が面接をしたことがある場合などは、面接についてのアドバイスをしてくれます。企業によって変わりますが、応募者の職歴の中で、何をどういう順番で話したほうがいいか、苦労話にするのか、冷静に話すのか、ポイントをどこに置くのか、など色々話をしてくれます。普段、一人で考えるだけでは、思いつかないポイントもあると思いますので、せっかくの機会を活かすようにしましょう。転職エージェントは間違いなく「転職活動のプロ」なのです。先に転職エージェントが売り込んで、その後、応募者が面接する、という順序ですので、応募先企業に対するプレゼンテーションいう意味でも、トーンをあわせておきましょう。

何かあれば相談に乗る

最後は必ず、「何かあれば遠慮なくいってください。相談に乗りますよ。」という言葉です。転職エージェントは明らかにビジネスで言ってくれてます。とはいえ、孤独な転職活動において、心強い存在ではあります。これから、「内定」という目的に向かって活動する仲間でもあります。ありがたく、言葉をいただいておきましょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)