管理職への登用を目指すなら、大企業と中小企業のどちらへ転職するのが良いか

転職先として大企業と中小企業を比べた場合、管理職や幹部への登用機会はどちらが多いのでしょうか。

管理職や幹部への登用は、自分の仕事の会社に対する影響度を増すという意味で、重要です。 早く管理職になって、部下を持ちたい、という人も多いかと思います。 これは、その会社の人事方針や給与体系の影響が大きいと思います。

中小企業なら、人数が少ないこともあって、より管理職に上がれるチャンスが多いと思うかもしれません。 ただ、管理職ポストも少ないのが中小企業です。 やっているビジネスが小さいわけですから、管理職も多くは必要ないというわけです。 また今いる管理職が退職しなければ、そのポストは空かないわけで、転職して数年後に管理職、というのは難しいかもしれません。

ただ、中小企業というのは、そもそも人材が不足しがちです。 少ない人数の中、採用活動しながら、会社を育てていってもらえる人材を探しているのが実情だと思います。 幹部になれる人材、会社の戦略策定に参加してほしい人材も不足している状況はあるかと思います。 そういった意味では、転職して数年で幹部への道が開ける場合も、あるでしょう。もちろん過度な期待は禁物ですが。

大企業は、人数が多いわけですので、その人たちを管理する管理職も多く必要です。 例えば、10人程度の社員がいた場合、その人たちに管理職をつけておかないと、統率が難しくなります。 社員の人数が多い大企業こそ、各社員がバラバラに活動してしまうリスクが大きいのです。 経営陣や幹部が決めた方針が、社員一人一人に浸透してこそ、大企業としてのメリットである規模が活かせるわけです。 会社としての方針を伝える役割としても管理職が必要でしょう。 また、各社員の活動状況を管理する意味でも管理職が必要です。 毎日の営業活動や企業活動の進捗を文字通り管理するわけです。

大企業は、管理職のポストが多いわけですから、管理職になるチャンスもそれだけ多いと思います。 もちろん、今いる管理職が昇進するか退職しない限り、ポストが空かないのは中小企業と同じです。 また、人数が多いということは、管理職のポストを争う競争相手も多いわけです。 管理職のポストが空いても、かならず管理職に登用されるとは限りません。

中小企業でも大企業でも、管理職になれるかどうかはわかりません。 管理職ポストが空くのをじっくり待てるなら中小企業、ライバルに勝って管理職に挑戦したい場合は大企業がよいでしょう。

中小企業より事業規模や売上金額が大きい大企業へ転職するほうが良いか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)