人材育成や研修が充実している転職先は大企業と中小企業のどちらか

社員として入社すると、その会社の人材育成の対象となる場合があります。 社員はその会社にとって、会社を維持成長させてくれる人材となりますので、必要な知識や技能があれば、経費をかけてでも身につけさせようとします。 社内で行う研修や、人材育成プログラムもあれば、社外のセミナーや研修施設に行って受けるものもあります。 これは転職者であっても同じです。 同じ働くなら、その職種や業界に役立つ知識や経験をつけておきたいものです。 では、大企業と中小企業のどちらか人材育成や研修が充実しているのでしょうか。

人材にかける予算が多い大企業が人材育成や研修には熱心

大企業の場合、人材育成に対する熱意が高いといえます。 人が多く組織が大きい分、組織が上手く回るかどうかのマネジメントが非常に重要と考えられます。 また事業の規模が大きいわけですから、うまくいかなかった場合の損失も大きくなるのです。 何かの失敗をしなくても、これまで通りに仕事がまわっていれば得られた売り上げが、例えば病気による欠員などのために得られなかった場合には、機会損失が生まれてしまいます。 それを考えると、余剰であっても仕事ができる人材を確保しておくことが大切になってきます。

人材育成としては、社外で受ける研修だけでなく、新入社員や転職者に対して、仕事を教える役割の人を割り当てるという社内での施策も含まれます。 いきなり仕事現場に投入して、何とか仕事をさせるといった強硬な手段はとりません。 会社の信用にもかかわるためです。 顧客からの信用を失うことほど大きな損失はありません。 目先の売上だけでなく、その顧客が購入するはずだった売上を失うことになるからです。 その意味で、きちんと社員に対して人材育成の観点で施策を行い、多少経費がかかろうとも研修を受けさせたほうが得策なのです。

中小企業ではどうしてもOJTが中心

会社にもよりますが、中小企業では人材にかける予算が潤沢ではないと思われます。 その意味で、人材育成や研修が充実しているとは言い難い場合が多いのではないでしょうか。 とにかく人を確保したら、現場に割り当てて、あとは現場の中でなんとかするということが多いと思います。 経費がかかる社外の研修などにもシビアにならざるを得ません。 どうしても必要な研修かどうか、どうしても必要でも、受けずに何とか済ませられないかといった場面もあるでしょう。

しかし中小企業では人が少ない分、現場で目が行き届くという面があります。 On the Job Training、つまりOJTといいますが、社内で上司や同僚が仕事を教えることが中心になるわけですが、これが上手くいきやすいのです。 人が少ないので、新しく来た人がうまく仕事をこなしてくれるようになるかどうかが、その部署に働く人にもろに影響するからです。 上司としても人が少なければ、きっちり社員一人ひとりが見れるわけです。 同じ部署で、きちんと知識や技能が教えられれば、中小企業としては問題ないですからね。

大企業の採用と中小企業の採用活動に違いはあるか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)