仕事を辞めたい時に考える、転職に今の仕事を活かす方法

誰にでも「仕事を辞めたい」と考えることがあると思います。 ですが、仕事そのものを辞めることはできず、他の会社への転職を考えるのが普通でしょう。 「仕事を辞めたい」というのは「今の会社を辞めたい」という意味ですよね。 転職活動をする前に、いまの会社でできることはないか、一度考えてみてはどうでしょう。

今すぐ仕事を辞めたとして、どんな転職活動をするのか

転職活動というのは、ほかの会社に自分を売り込むことです。 資格やスキルはもちろん、自分の今までの会社での経験が役に立つかどうかを、面接相手の会社に伝えなければなりません。 ですから、仕事を辞めたいと思ったら、次にどのような会社に転職するのかを考えるべきなのです。 次に転職したい会社で求められている人材と、今の自分が適合するのかを検討してみてください。

もし、求められている人材と自分の資格やスキル、経験が適合しているのなら、すぐに転職活動を始めても問題ありません。 でも、アピールする内容が足りないと思うなら、作り出さなければなりません。 そのために今の仕事を活かすことを考えてみましょう。

仕事を辞める前に、面接で使えるエピソードを考える

面接というのは、アピールの場です。 何を使ってアピールするかというと、仕事の経験談、エピソードです。 どんな仕事を、どんな状況で、どのようにしてきたかを伝えるのです。

毎日仕事をするにあたって、かかわっている仕事が、自分のエピソードに使えるかどうかを考えてみてください。 「今日する仕事を、次に転職する会社に伝えるとしたら、どんな風に言えばよいのか」という問いを考えてみるのです。 おそらく、なんの特徴もないし、語って聞かせる良い仕事でもないし、エピソードにならないと思うでしょう。

でも、考えてみてください。 転職先の会社では、あなたにそんなスゴイ期待をしているわけではありません。 ただ、自社の欲しい人材かどうかを判断できればよいのです。 そのために、どんな仕事をしてきたかという話をしてほしいだけなのです。

今している仕事が良いエピソードにならなかったとして、この先、何か特別な仕事にかかわる見込みはあるのでしょうか。 幸運にして、そういった仕事があるのなら、がんばって取り組んでください。 でも、取り立てて特徴のない仕事でも、面接で話すエピソードにならないわけではありません。 大切なのは、あなたの仕事に対する取り組み姿勢や考え方、行動した経緯などが、面接担当の方に伝わることなのです。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)