ブラック会社に転職したくない人の「会社の選び方」

考察してみると、ブラック会社は、そもそもが社員に高いお給料や適正な休暇を与える必要がない会社なのでしょう。世の中はすべて需給バランスで成り立ってますので、社員を冷遇する会社には転職者が集まらないはずです。

では、ブラック会社に転職しないために、会社の選び方をまとめてみます。

自分の仕事の価値を考える

あなたの仕事の価値を考えましょう。正確に、公平に見積もったとして、あなたはどれぐらいの給料をもらえる仕事ができるのでしょうか。 というのは、給料はあなたの仕事の対価だからです。あなたが仕事をすることで、会社か稼ぐことのできる利益の一部をいただいているのです。会社はそのための組織であり道具であり装置なのです。厳しい話に思えるかもしれませんが、あなたがどんなに一生懸命に仕事しているつもりでも、会社の利益につながらないならば、価値を生み出してはいないのです。

本来の意味で「仕事ができる人」というのは、例外なく、稼ぐ力のある人なはずです。そういう人は、稼いだだけのお給料をいただくことができると思いますし、それが当然ですよね。

自分の仕事の価値を理解できる人がいる会社を探す

次に、あなたの仕事の価値をきちんと理解できるのは誰か考えましょう。理解できる人がいる会社に行かないと、あなたの価値に見合う待遇は得られません。

どんなに優れた道具でも、使い道を間違えると、力を発揮しません。よく切れるはさみでも、ネジは回せませんよね?いわゆるホワイトカラーの仕事の価値は、目に見えてわかるものばかりではないです。きちんと評価する目のない経営者の下では、いくら優れた人材でも価値を生み出すことができません。

価値ある仕事ができるようになる

不幸にして、あまり価値のある仕事ができないならば、会社に何があれば自分の価値が増やせるかを考えましょう。専門の機械や、特殊な分野ならば価値を増やせるでしょうか。こういう職種の人と組むと力を発揮する、といったパターンもありますよね。

ブラック会社やブラックな業界では、辞めてもまた他の人を雇えばよいという、代わりの利く人材を元としたビジネスをしているのです。会社として儲ける仕組みができているので、マニュアルに従って動きさえしていれば、誰でもそれなりに価値を生み出せるというわけです。だから転職のハードルが低いのです。逆に言えば、仕事ができない人でも価値を生み出せる会社なわけです。

ブラック会社を避けたとして、他のどんな分野のどんな会社に行っても価値ある仕事ができそうになければ、あなたは会社を選ぶ前に、仕事をする力をつける必要があります。その場合には、あなたを雇ってくれる会社があることに感謝して、文字通り身を粉にして働くのがベストです。給料が低くとも、休暇が少なくとも、働けないよりは良いでしょう。

できる限り、スキルや経験が得られる会社で働きましょう。1年なり、3年なり、自分なりに期限を切ることで、次につなげることができるかもしれません。

とはいえ、自分の心身を守ることを忘れないようにしてください。どんな会社の社員でも、会社を辞める権利はあります。自分の限界は、自分で判断しましょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)