ハイクラスな求人、ハイクラスな転職

ハイクラスとは“第一級”という意味ですが、ハイクラス求人とは、企業、いわゆる専門領域のプロフェッショナルを指すようです。 ハイクラス人材の仕事としては、財務・法務・人事などの企業の間接部門、いわゆるバックオフィス、それも部門責任者クラスが挙げられます。 バックオフィスというのは意外かもしれませんが、“特定分野の専門家”の領域で、かつ仕事に共通性があるので、転職しても一定のパフォーマンスが期待できます。 ハイクラス転職する人材は、単なる担当者ではなく、計画を行い、制度を設計し、採用をし、教育して組織を作り動かす役割が求められています。

ほかにも、マーケティング担当者やプランナー、データ分析担当者の求人があります。 こちらも、単なる担当者ではなく、企業の重要な決定に携わるプロフェッショナル、部門を率いる責任者クラスの求人だと思われます。 さらには、新製品、新部門、新組織を立ち上げて、進捗していくプロジェクトリーダー人材もハイクラス求人として挙げられます。

組織という大きな案件を扱うポジションとしては、例えば事業再生やM&Aなどを扱う、金融分野のプロ、投資銀行にいる経験者、会計士などがハイクラス求人に挙がっています。 メーカー系では、技術のコアというか、希少性が高く他社ではなかなかないような技術をもつハイクラスなエンジニアの求人があります。 ハイクラス求人は、いずれの職種にせよ、当人の能力が高い特定分野のプロフェッショナルであり、企業の重要な部門または新規事業に携われる責任者クラスの求人と言えるでしょう。

どのような企業であっても、本当の意味でのプロフェッショナルと言える人材はどれだけいるでしょうか。 高いレベルで部門を率いることのできる人材はなかなか得難いといえます。 だからこそ、通常の求人と区別して“ハイクラス求人”と言われるのです。 単純な言い回しですが、ハイクラス求人に応募して転職することを、“ハイクラス転職”と言うようです。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)