ハイクラス転職の年収相場

ハイクラス求人の年収はやはり高くなります。 少なくとも1000万円前後から、2000万円台まであるようです。 いわゆるエグゼクティブとまではいきませんが、企業の中枢を支える人材ですから、当然の相場と言えるでしょう。 “ハイクラス転職”ですから、他社にいる人材に自社に来ていただけるようにするための求人募集です。 社内で育成する場合は、何年もかかりますし、確実に育ってくれるとは限りません。 年収や採用経費で高いコストがかかります。また社内育成にかかる時間とコストに比べればはるかに安いので、許容されるというわけです。 また、そういった人材はそもそもの流動性が高いですから、自社に来てもらった後に他社に移らないように、それなりの年収を保証する必要があります。

年収は人材マーケットに左右される

もちろん、年収の多寡は職種の希少性と連動します。 人材も企業にとっては“材”ですので、人材マーケットにおける市場のニーズが応募条件として年収に反映されるわけです。 各企業が求める希少な人材は年収も高くなります。 転職を考えている人からすると、自分の職種の年収が高くなっている時期だったとしたら、動き出してもいいかもしれませんね。

また、世間一般に新規投資が増えている時期なら、プロジェクトリーダーやバックオフィスの求人ニーズが高くなってきます。 データ分析や製品技術のエンジニアに対するニーズは、もっている技術や取り扱っている分野にもよりますが、やはり新規投資の多寡とある程度の連動があると思います。

いずれにしても、年収はニーズの裏返しですから、自分の持っている技術や経験した職種が人材マーケットでどのような評価になっているかを考えて、転職時期を探ってみてはいかがでしょうか。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)