1000万円以上のハイクラス求人を扱う転職エージェントは実在するか

ハイクラス求人とは何か

ハイクラス求人のハイクラスとは、年収が高いという意味です。この求人とそれを扱う転職エージェントは、もちろん実在します。実際の求人の内容を見ると、いわゆるマネジメントができる人材を探すものが多いです。社内の重要な部署、新規マーケットを開拓する部署のマネジメント、顧客と直接をやりとりしながら、社内の業務を取りまとめるような仕事などが見受けられます。なぜ年収が高いかというと、それだけ難しい仕事で、社内を見回しても人材が十分ではないと感じるからでしょう。どの企業もビジネスを成功させたいが、人が足りないのです。

優れた人材を獲得できる企業が勝ち、そうでない企業が負ける

業界・業種を絞ってみると、その中で目立って活躍できるような人材というは、なかなかいないものです。企業を存続させていくという観点からすれば、それは社内で育成をするべき人材なのですが、なかなか上手くいかないようです。近年の傾向を見ると、就職氷河期といったような景気の波があり、企業は採用人数を絞る傾向が数年単位で続いています。そうすると、社内の年齢構成がだんだんといびつな形になっていくようです。人材の育成ということを考えると、決していい傾向ではありません。採用をきちんとしていないので、現在のベテランであるマネジメント層のあとを継ぐ人材が少ないといった状況もありえるわけです。

また、人材獲得競争をしている業界というのもあります。業界全体がのびているような状況で、仕事のリーダーシップをとって進めていける人材の取り合いになっている業界というのもあるわけです。この場合、当然、求人での年収レベルはあがっていきます。需要と共有の原理です。仕事というのは、優れた人材が何人かいて、それでまわっていくような面もあります。人の力に依存するような業界・業種または職種であればあるほど、その傾向は強いわけです。人材獲得競争に敗れる企業というのは、すなわち負けていく企業であったりします。どの企業も負けたくないわけなので、人を集めるため、ハイクラス求人を募集するわけです。

ハイクラス求人に応募するには

もちろん、ハイクラスな人になるしかないのですが、いくつかコツはあります。まず、なるべく若いうちにマネジメントする役職に就くとよいです。マネジメントも一つの能力ですので、経験し、取り組むことで身に付くものなのです。なるべく若いうちから、マネジメントをするチャンスがあれば、それだけマネジメントスキルをつけるチャンスなわけです。もちろん、取り組むのに遅いということはありません。ただ、すぐにできるものでもありません。

実際の応募は、ハイクラス求人をメインとした転職サイトに登録するといいでしょう。適合する職歴を持っているのであれば、スカウトメールが来る可能性は十分にあります。また、FacebookやLinkedInを使うのもよいでしょう。投稿で仕事の内容や自分の問題意識の高さをアピールすることもできますし、横のつながりでスカウトされることもありえます。他には、セミナーや講演会のスピーカーになるのもよいでしょう。それなりの規模のセミナーや講演会であれば、当然スピーカーの名前がでます。名前が出ることで、その企業で活躍している人材、という見られ方をする場合もあるのです。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)