転職後、昇給しやすいのは大企業、中小企業のどちらか

給与というのは、働く上でのやりがいであり、労働の対価であるのですが、その金額は会社によってまちまちです。 転職するにあたり、少しでも金額が大きい会社がよいのではないでしょうか。 そしていったん転職した後の昇給というのも考えておきたいものです。 では、転職後に昇給しやすいのは大企業と中小企業ではどちらなのでしょうか。

昇進や昇格によって給料が上がるのを狙うなら中小企業

中小企業は事業規模は大企業に比べれば小さいですが、だからと言って昇給しないわけでもありません。 経営者の方の考え方によっては、昇給は望めると思います。 人数が少ないということは、それだけ人材の層が薄いということです。 会社を経営していくためには、そこそこの実力がある人を確保し、要所要所に配置しておかねばなりません。 どんなに安定した売上がある会社であっても、人がいなくなれば回らなくなるわけです。

転職して、あなたにそこそこの実力があり、会社にとって有能な人物であると認められれば、昇進や昇格があるかもしれません。 そうすれば昇給も十分考えられると思います。 もちろん経営者の考え方次第ですから、あくまでぎりぎりの給与しか払わないという方針があったり、長年務めた人に優先して給与を支払うという年功序列的な考え方では、難しいでしょう。 またどこかの子会社である場合なども、親会社から決められた裁量しかない場合は難しいと思います。 あくまでも経営者の方が会社の運営に対して適切な判断で給与を支払うことができる場合に限り、中小企業での昇給が望めると思います。

大企業は、給与水準が高ければ可能性あり

では大企業の場合はどうでしょう。 大企業は事業規模が大きく、部門部署の数や社員の人数が多いです。 それだけに社内規定で給与が決められていることが多いです。 また労使間の話し合いがあるような企業では、交渉で毎年のベースアップ額が決まる場合があります。

大企業でも、その会社が人材によって売上や成長性が変わるような場合、またはいわゆるハイスペックな人材を求める企業の場合は、そもそもの給与水準が高いのです。 転職した場合に、最初から給与の額がそこそこあり、そして仕事に慣れて経験を積み昇格していった場合でも、それなりに高額の給与が支払われます。 大企業では人事部が設けられており、いわゆる中途採用についても人事部の裁量で行われていると思います。 転職市場にあらわれた優秀な人材、大企業の採用基準に照らしても獲得したい人材がいた場合に、その獲得競争に勝つためにも、それなりの給与体系を用意しておかねばならないという事情があるのです。

自社で獲得できなかった人材が、競合社に流れることも良しとしないでしょうし、人事部の成績評価にも反映されてしまいます。 大企業では、今の市場でのシェアを維持して拡大していくために必要な戦略をとるという、しっかりした考え方で採用が行われるわけですので、給与についてもいわば計算ずくで決められているのです。 決められた給与を変えることはほぼありませんし、よっぽどの人材でなければ、昇級昇格もほかの人と同じペースになります。 なので転職先を探すにあたっては、その会社の給与体系、給与水準をしっかりと調査しましょう。

仕事の幅や、仕事を考える観点を広げやすいのは大企業と中小企業のどちらか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)