転職したエグゼクティブが行う仕事

エグゼクティブ転職の場合、求人募集でどのような働きが求められているか、明確に記載されていることが多いようです。
例えば、“新規事業立ち上げ”です。 主に中小企業かと思いますが。既存事業がほかにあって、その上で新規事業を起こしたい場合に、事業の責任者を募集するケースです。 ほかに、ファッション・アパレル業界やコスメ業界などでは、“新ブランド立ち上げ”の責任者を募集するケースもあるようです。

立ち上げというと、企業内でプロジェクトとして進めていくことが普通かと思います。 そういう意味では、“プロジェクトリーダー”という仕事だと考えてもよいでしょう。
外資企業の日本法人、あるいは日本企業の海外支社立ち上げなどもプロジェクトチームを組むことが多いです。 その責任者となるエグゼクティブを募集する求人というわけです。

エグゼクティブ転職に既存事業が少なく、新規事業が多い理由

エグゼクティブの求人では、どちらかと言えば、既存事業の欠員募集ではなく、新規事業やプロジェクトの担当者の募集が多いようです。
既存事業の欠員であれば、下の役職者を昇進してあらたなエグゼクティブとすることができるからでしょう。 安定している既存事業ならば、次を担う社員が育成されているでしょうし、何もしらない外部の人間をいきなり責任者に据えるのはリスクがありそうですよね。

逆に、新規事業や新規プロジェクトは、既存事業と切り離して考えられます。 新規事業や新規プロジェクトに望む理由としては、既存事業だけでは企業としての将来の成長に、一抹の不安があるということでしょう。
あるいは何かしらのマーケットが想定されていて、今のうちに手を付けておきたい、などという状況が推測されます。 その場合は、外部からエグゼクティブ、または将来の幹部や経営リーダーとして迎えても、既存事業担当社員とのコンフリクトもあまり気にしなくていいわけですしね。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)