エグゼクティブの仕事とは

エグゼクティブとは、英語で書くとExecutiveであることからわかるように、“実行する人”という意味です。 企業で“実行する”ということは、ビジネスを実行する、つまりビジネス上必要となる様々な施策を実行、推進する担当者という意味になります。 エグゼクティブというと、社長、CEO、執行役員、取締役、事業部長など“上級管理職”の意味で使うことが多いと思いますが、本来の意味は少し違うわけです。

施策の実行責任者がエグゼクティブなのですが、求人としては“幹部候補”や“次世代経営リーダー”などとして募集されることが多いようです。 幹部ではなく候補であり、“経営リーダー”ではなく“次世代”であるところは、エグゼクティブな人材の求人の特徴を表しているのかもしれません。

もちろん、実際の“組織の責任者”の求人もあります。 外国籍企業、いわゆる外資の日本法人の代表者、あるいは日本企業の海外事業責任者などです。 この場合は、担当する国にはエグゼクティブとなる当人しかいないケースが多いので、直接組織を預かる仕事となるかと思います。

エグゼクティブとヒト・モノ・カネ

エグゼクティブは、施策の実行を担当するため、ヒト・モノ・カネなどといわれる経営資源をどのように使うかを決める権限を持つことが多いです。 本来、経営資源は企業のオーナーたる株主のものですから、それを預かるということは、エグゼクティブには経営資源を預かるに足る人物という評価と信用があり、期待されていることが必要かと思います。 経営資源、つまり他人のお金や資産を預かり、施策を実行して、利益を上げるというのがエグゼクティブ本来の役割なのです。

転職したエグゼクティブが行う仕事

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)