企業自社Webサイトから直接応募

採用情報を探す

転職で意中の企業に応募する方法は、転職サイトや転職エージェントだけではありません。企業の自社Webサイトから直接応募するという手段があります。たいていの企業の自社Webサイト、いわゆるホームページには採用情報が掲載されています。もしないようであれば、会社概要のページを開いてみてください。そこから採用情報へリンクしている場合もあります。

転職サイトに掲載していない理由

転職サイトに掲載するには、求人広告の掲載料を運営会社に支払う必要があります。現在、積極的に求人をしていない企業の場合、毎月固定でコストが発生しますので、転職サイトには掲載しないわけです。しかし、転職サイトに掲載していないからといって、その会社が求人をまったくしていないわけではありません。企業は常に人材を求めており、良い人材がいれば雇いたいというのは、どこの企業でも同じです。ただ、業容拡大や支社・新店舗出店など、そこにコストをかけるまでの理由はないということです。転職サイト以上にコストがかかる転職エージェントに委託していないのも同じ理由です。

自社Webサイトの採用情報を確認するべき理由

企業が自社で運営しているWebサイトですから、転職サイトには掲載していない部署や職種の求人情報も含めて、すべて掲載されていることが多いです。逆にいうと、積極的に求人していないとはいえ、その企業にどのような部署や職種があるか、ということがわかる貴重な情報です。例えば、業種や事業内容が自分の志望にあっているが、転職サイトでは志望の職種が掲載されていないような場合に、自社Webサイト経由なら応募できる可能性があります。また、入社後に社内で異動するという方法も考えることができるのです。その場合は、異動するという事例はあるのかどうか、面接の場で実際に企業の人事担当者に質問すればいいでしょう。応募先企業の組織体制に興味を持つというのは、立派な企業研究ですので、人事担当者も歓迎すると思います。

新卒向け採用情報も確認しよう

企業にとって求人の手段は中途採用だけでなく、新卒採用もあります。学生を対象とする新卒採用では、特に、社内の雰囲気や先輩となる若手社員の働きぶりを紹介するコンテンツが掲載される傾向にあります。経験者向けの中途採用向け情報と違って、社内の写真や、経営者のインタビューなど積極的に紹介するべく豊富なコンテンツが掲載される傾向にあるようです。新卒採用では、中途採用と違って、入社時期の決まった学生に対して、各社いっせいに採用活動を開始しますので、各社優良な学生を採用しようと手間をかけています。転職者向けではないといっても、有用な情報が掲載されていますので、確認しましょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)