ビジネスマンとして成長するには、大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

仕事を通じて、やりがいや働きがいを得られるかどうか、判断基準として「自らが成長できること」がよく挙げられます。 仕事を通して成長が実感できれば、満足感が得られるでしょうし、自分の将来にプラスになりますよね。 では、成長できる環境を求めて転職するなら、大企業と中小企業どちらがよいでしょうか。

仕事の幅が広い中小企業は成長しやすい

中小企業は一般的に社員の人数が少ないわけですが、そのため、社員それぞれの業務分掌がきっちり分かれていないことが多いと思います。 各部署が専門分化されていないということです。 おのずと、社員一人一人がやることが多岐にわたってきます。

営業担当者は営業だけをやるわけではなく、受注した後もお客様に付き添い、あれやこれやと手を動かすことになるわけです。 大企業ならば、営業が受注した後を引き継いで納品までを行う担当者が別にいたりします。 例えば営業という仕事を考えた場合、いわゆる引き合いへの対応、見込み顧客を受注までつなげるという部分が専門スキルなわけです。 営業担当者を営業スキルを備えた専門職と考えた場合、営業は営業だけをやり続けるほうが、こなせる案件の数が多くなり売上が上がりますよね。

しかし中小企業では、どちらかといえば営業はお客様の担当者という意味合いで、担当したお客様との取引の全般にかかわるようになりがちです。 会社としては効率的ではないかもしれませんが、一つの一つの案件に対する取り組みの幅が広く、結果として、一人の担当者が得られる経験の幅も広くなり、それが成長につながるというわけです。

中小企業より大企業のほうが、上司や同僚から刺激を受ける機会が多い

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)