転職エージェント経由で転職する際に気をつけたい6つのデメリット

人材紹介会社の転職エージェントは、そもそも、応募者と求人企業しか存在しないはずの転職マーケットに、仲介役として事業を行っているわけですので、応募者の中には、人生をかける転職活動で商売をされること自体に違和感を覚える人もいるようです。しかし、応募者と転職エージェントのメリットは合致します。転職したい応募者と、応募者が転職を成功させ、入社して初めて売上となる転職エージェント。メリットに挙げたように、転職活動において、頼りになる唯一の存在ですし、デメリットや制限事項を理解して利用するようにすればよいのではないでしょうか。

1.年収や職種・役職を調整される

転職エージェントは、過去に何人もの転職活動を見てきています。また、自分の担当顧客や、自社で紹介可能な会社を考えると、応募者がどれぐらいの年収や職種、または役職を望めるかが分かります。転職エージェントの仕事は、応募者をいかに転職させるか、ですから無理や可能性の薄い応募をさせる理由はありません。もちろん、望めるならば年収が高いほうが、自分の売上も上がりますが、転職が成功しなければ、まったく売上にならないのです。

その場合、応募者を説得します。応募者のキャリアや経歴、前職、現在の転職市場(たいてい厳しい状況)など、様々な理由から、調整するようにします。応募者にしてみても、転職の成功は望んでいる結果ですので、応募者にマイナスの行動でもないのです。ただ、この調整について、不満におもう方もいるようです。自分でも客観的に自分のキャリア・スキル・経験を判断して、転職エージェントとよく話しましょう。

2.エージェント側の都合で会社を紹介されることがある

こういうケースもある、ということですが、人材紹介会社の転職エージェントの顧客は求人企業です。売上となる紹介手数料、コンサルティング料を支払うのが求人企業ですので、求人企業の要求には応えなければなりません。何らかの理由で、思うように応募者が集まらない企業があった場合に、どうしても応募者におすすめするような動きがでてしまうのは仕方ありません。もちろん、やみくもに紹介するということではないでしょうが、やはりビジネスですので、ある程度、応募者に協力してもらうという場面もあるでしょう。もし、異常におすすめされたような場合は、時間を割いてあげるのも必要かと思います。お互いにビジネスですので、大人の対応をしましょう。もちろん、自分が応募したい企業への転職については、きっちりお手伝いしてもらえばいいと思います。

3.紹介してもらえないこともある

転職が成立した場合に、応募者の年収の一定比率で紹介料、コンサルティング料をもらうビジネスですので、年収そのものが低い場合は、転職エージェントの守備範囲外、ということもありえます。その場合は、食い下がっても良い結果になりませんので、他の方法で活動しましょう。転職エージェントのメリットを受けられないのは残念ですが、だからといって転職活動できないわけでもありませんし。

4.紹介してもらえる期間がだいたい3ヶ月しかない

応募者の決定率や、活動状況によりますが、あまり長期間フォローし続けるわけにもいかないようです。人材紹介会社に所属する転職エージェントの人数は決まっていますし、応募者のサポートには、それなりに作業があり、時間も必要となります。だいたい3ヶ月程度で、紹介を打ち切るような動きがあるようです。人材紹介会社も複数ありますので、他の会社に登録するなどして、活動を続けるようにしましょう。

5.紹介できる企業で、応募者の志望にあうものが、いくつもあるわけではない

転職エージェントは、もちろん、応募者の志望を聞いた上で、会社を紹介します。ただ、どこの会社でも紹介できるわけでもありません。求人企業から依頼されてはじめて紹介できるのです。ということは、志望職種や条件にもよりますが、数が限られるということはあります。紹介する会社がなければ、応募者にもメリットがありません。転職エージェントは、複数社とやりとりをするようにしましょう。

6.内定を保証してくれるわけではない

転職エージェントは、転職のコンサルティングをしますし、「履歴書」「志望動機書」「面接」などのアドバイスもしてくれます。応募者の側としては、転職経験が少ない人もいるでしょうし、頼りたい気持ちになる人もいるかと思います。しかし、あくまでも転職エージェントは仲介をしているだけにすぎません。実際に、「書類選考」を通過し、「面接」に合格し、内定を勝ち取るのは応募者です。どれだけ転職エージェントと顧客である求人企業の関係が深くても、内定を保証することはできません。ひとつひとつのハードルを自分の力で超える気持ちで進んでいきましょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)