中小企業より事業規模や売上金額が大きい大企業へ転職するほうが良いか

事業内容やビジネスモデルにもよりますが、大企業は事業規模が大きく、仕事としてかかわる売上金額が大きいでしょう。 仕事でかかわるお金とはいえ、万より億、億よりも十億、百億と、金額が大きいほうが醍醐味が感じられるのではないでしょうか。 お客様も大企業が多く、一社あたり、案件ごとの取引額も比較的大きいでしょう。 自分が億単位の取引を受注できたら、気分いいと思いませんか?

また、売上金額が大きいということは、予算も大きいということです。 人をそろえるにせよ、広告やプロモーションを行うにせよ、できる予算があるからこそ、自分たちの戦略やアイデアをいろいろと試すことができるわけです。 TVCMや雑誌広告を連動させた大規模な販促キャンペーンなど、大きな予算を動かす際のダイナミズムは、やってみると非常に楽しいものです。

ただ大企業の売上規模は大きいので、その中で自分自身の仕事が占める割合は、どうして小さくなる傾向があると思います。 大企業では、社員皆が大きな仕事をしていますので、どうしても大きな中の小さな歯車ではないのか、いった感覚がつきまといます。

中小企業は、売上規模は小さいですが、一つ一つのお客様を大事にしていくスタイルが魅力といえるでしょう。 金額の大小ではなく、自分の仕事によって顧客の信頼と売上を上げる、そういった実感が得やすいのは中小企業ならではでしょう。

もちろん、大企業のビジネスでも顧客は大切にするでしょう。 ただ、中小企業は売上自体が小さいわけですから、自分がかかわった売上の比率が、大企業に比べると多いわけです。 中小企業のほうが、企業の売上を自分が支えている実感が得られやすいといえるでしょう。

ビジネスマンとして成長するには、大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)