中小企業より大企業のほうが、上司や同僚から刺激を受ける機会が多い

ビジネスマンとして成長するには、大企業と中小企業のどちらに転職するのが良いのでしょうか? 人が少ない中小企業では仕事の幅が広いため、いろいろな経験がつめて、成長につながりやすいと思います。 では専門化が進みがちな大企業では、成長できないのでしょうか。

人が成長するきっかけになることの一つに、周りの人つまり上司や同僚に優秀な人がいることが挙げられると思います。 大企業は一般的に社員の人数が多いわけですが、それだけに優秀な社員も多いのです。

優秀な社員が多いことが、成長のきっかけに

大企業だから採用基準が高いということもあるでしょうし、人数が多いため、昇進昇格に対する競争も激しいということも理由になるかもしれません。 営業や総務、あるいは企画や生産など、会社によっていろいろな組織があると思いますが、どこの会社にも組織に一人や二人、周りと比べて優秀な社員はいると思います。 会社としての規模が大きい大企業では、優秀は社員も多いのです。 そこへ入社して仕事をしていけば、自然に優秀な社員と自分との差がわかってきます。 それが刺激となります。仕事の仕方だけではなく、情報入手スピードや情報の整理、思考や行動などあらゆる面で見本となるわけです。

身近にそういった人がいるかどうかで、5年後10年後の姿が変わってきます。 他社から見本とされるような仕事をする会社、秀逸な仕事をする優秀な人がメディアなどに取り上げられることがありますが、そういった会社は、社員それぞれがお互いに影響しあって出来上がっているのです。

もちろん中小企業でも優秀な人はいます。 ただ、人数が少ないということは、優秀な人の数も少ないということです。 優秀な人ばかりが集まった中小企業もあるかと思いますが、希少な例でしょう。 それどころか同じ人が同じ仕事を何年も変わらずにやり続けている、時が止まったような会社のほうが多いのではないでしょうか。 その会社がいつまでも変わらないという錯覚に基づいて、変わらないこと、出しゃばらないことが良いこととされ、社員は今現在の仕事以外のことに目を向けようとしないような状態になりがちです。 そうなると上司や同僚からなんら刺激を受けることもなく、ビジネスマンとしての成長が鈍化してしまうでしょう。

中小企業でも社内や取引先だけでなく、広く世の中に目を向けて、自社のビジネスの将来を考えながら日々情報収集して行動していけば、成長はできると思います。

会社の成長性を重視するなら大企業と中小企業のどちらに転職するのが良いか

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)