外資系企業専門の転職エージェント

外資系企業専門の転職エージェントが存在する理由

外国系資本の企業、すなわち外資系企業の求人を専門とする転職エージェントがあります。外資系企業専門の転職エージェントが存在する理由を考えてみましょう。国内でも多くの外資系企業が活動しています。人事権を握っているのが、いわゆる本国のオフィスである場合、人材確保を請け負う転職エージェントも本国とのコミュニケーションができなくてはいけません。言葉の問題ももちろんありますし、国内企業とは違った文化や、いわゆる多国籍企業ならではのやり方があるわけです。人事を管轄する担当者は、本国にいて、日本国内の人材を確保するのはやはり難しいです。特に欧米と違って、日本の労働市場は特殊だといいます。かといって、いきなり本社の人事が来日したとしても、やはり事情がわからないので難しい面があると思います。そこで、活躍するのが外資系企業を専門とした転職エージェントです。

外資系企業専門の転職エージェントとコネクションを作る方法

それでは、外資系の転職エージェントから声をかけられるにはどうしたらいいでしょうか。もちろん、普通に登録することもできます。ただ、外資系を専門とする人材紹介会社は、通常の転職エージェントと違って、あまり名前が知れてないようです。大手の会社ならまだしも、中小の転職エージェントだっているわけです。敷居が低くておすすめなのが、LinkedInに英語の履歴書・職務経歴書をプロフィールとして登録しておくことです。

LinkedInのプロフィール欄は英語・日本語の2つ作成することができます。特に英語のプロフィールとして、バックグラウンド、職歴やスキルと専門分野、関心トピックを登録します。英語については、外資系を狙う方なら心配は要らないと思いますが、迷うようなら、同じような職種・経歴の方(英語のネイティブの人も含めて)を探して、参考にするといいと思います。プロフィールを公開している方は意外と多いです。LinkedInは、そもそも日本向けというサイトではありません。英文の求人情報なども掲載されていますので、登録をおすすめします。また、業界のグループをつくる機能があるので、参加してみても良いと思います。SNSですので、アクティビティを投稿する機能もあります。できれば、英語で、仕事に関係した投稿をするとなお良いと思います。

LinkedInでスカウトしている外資系企業専門の転職エージェント

LinkedInを利用して、スカウト活動をしている転職エージェントがいるようで、メッセージをもらうことがあります。もちろん、転職のオファーです。外資系専門の転職エージェントのほうも、外資系に興味がある転職検討者を探さなければならないので、LinkedInは役に立つサイトなのだと思います。もう一つ、LinkedInがおもしろいのは、昔のMixiのように、足跡ならぬプロフィール閲覧履歴機能があります。自分のプロフィールを参照した人がいれば、その人が表示されます。見方は画面上部の旗マークのアイコンにマウスポインタを乗せるだけです。自分のプロフィールが見られたら、見た人のプロフィールも見てみましょう。Executive AgentやConsultant、Researcherなどといった職業の人がいたりします。もちろん、大手中小関係なくプロフィールは閲覧される可能性があります。

転職エージェントは、日本人もいますし、日本語ができる外国人の人もいます。言葉以外は、普通の転職エージェントと変わりません。中には、外国から日本に留学してきて、そのまま外資系企業専門の転職エージェントになった人もいるようです。外資系を希望する人は、積極的に活用してみましょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)