転職エージェント経由の応募

人材紹介会社という仕事

人材紹介会社は求人を募集している企業と契約して、候補者を紹介する会社です。紹介した候補者が合格し入社した場合、人材紹介会社に対してコンサルティング料金が支払われます。コンサルティング料金は、だいたい入社した人の年収の20~35%が相場だそうです。多いところ、つまり需要過多な求人の場合はもっと多くなります。

転職エージェントを利用する5つのメリット

転職活動において、転職エージェントを利用するメリットは5つあります。

1.転職サイトに掲載していない求人情報を紹介してくれる

いわゆる「非公開求人」になります。そもそも、なぜ「非公開求人」などというものが存在するのでしょう。理由はいくつか考えられます。まず、企業側の人事が忙しい場合。人気企業であるとか、そもそも人事担当者の人数が少ないなど、転職サイト掲載による多数の応募に対して書類選考しきれないような場合です。応募者の書類選考は、それなりに時間と能力が必要な業務ですので、アウトソーシングが行われるわけです。転職エージェントが実質的な書類選考と、場合によっては一次面接を代行するということです。

他には、業務拡大やプロジェクト案件で発生した求人の場合です。競合企業があるなかビジネスを行っているわけですし、人材戦略は、業務上の秘密になります。わざわざ転職サイトに人材募集広告を出して、ライバル企業に知らせるわけにはいきません。結果として、転職エージェントに候補者探しを一任する、ということになります。

2.相談相手ができる

転職エージェントにとっては、求人を行う企業は顧客なわけですが、転職活動をする応募者もお客様であり、また商品なのです。転職が成立しない限り、売上はあがりません。よって、転職エージェントは、応募者に対して、転職活動に対する様々なコンサルティングをしてくれます。「履歴書」や「職務経歴書」の添削や、応募先企業や業界の事情、求人の背景、面接前と面接後のフォローなど。そもそも、転職活動は孤独な個人活動ですので、その中で、利益が一致するとはいえ、親身になって相談に乗ってくれる存在は、頼りになります。

3.企業ごとに面接のアドバイスをしてくれる

転職エージェントは求人をしている企業と長期的に取引をしています。顧客である企業のビジネスや人材戦略を理解しているわけです。また、過去にも、同じ企業への応募を仲介している場合もありますし、面接を受けた応募者から、状況を聞いたりしています。応募先企業の状況を良く知っていますので、面接の決定率を上げるために、面接の前や、次の面接をする前に、色々とアドバイスをしてくれます。通常ならば、調べても調べきれないような、応募先企業の内部情報や、面接でよくでる質問などを教えてくれますので、かなり有効だと思います。

4.書類通過の可能性が高くなる

人材紹介会社の転職エージェントが「書類選考」を代行しているような面があります。要するに、無理だとわかっているような会社を案内せず、可能性のある会社を紹介してくれています。そうなると「書類選考」の通過率は高くなります。ただし、これは人材紹介会社と顧客である応募先企業の関係の深さにかかってきます。例えば、初めてその企業の求人を取り扱う場合、それほど的確な選別ができない、という場合もあります。ただ、転職サイトなどで応募するよりは、可能性が高くなる傾向にあると思われます。

5.面接回数が少なくなる

面接は、通常3回あります。一次面接が人事部担当者、二次面接が部長・取締役クラス、最終面接が社長面接といった感じです。人材紹介会社の転職エージェントが「書類選考」と「一次面接」を代行している場合であれば、当然、面接回数が減ります。また、転職エージェントは、いわば、いったん審査した上で、応募者を紹介していますので、応募者の売り込みをしてくれます。その結果、会社によっては、人事部長・配属予定先の担当部長や取締役などと、社長面接の2回で済んだり、場合によっては社長面接1回だけだったり、ということがありえます。会社によって、また転職エージェントがどれだけ信頼されているか、ということで変わってきますが、応募者によっては有利な条件ですので、利用したほうがいいと思います。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)