転職するための6つのステップ

転職を決めたら、転職するための行動を開始しましょう。転職するためには、次の6つの行動が必要です。転職を成功させるために、それぞれの行動をしっかりやりましょう。このサイトでは、独自に調べた転職ノウハウやコツを紹介しています。

1.履歴書を書く

必ず必要な書類です。住所、生年月日(=年齢)、学歴、職歴、賞罰など、あなたの基本的な情報を伝えます。会社によっては、「自書・手書き」を必須とするところがあります。また、写真の貼り付けが必要になりますので、用意しましょう。写真は「証明写真」になります。

2.職務経歴書を書く

もっとも大切な書類で、転職成功のための主武器になります。あなたがこれまでに経験した仕事、職歴を自由に記述することができます。唯一、企業が見てくれる書類になります。転職の第一関門である「書類審査」を通過するかどうかは、よい職務経歴書が書けるかどうかにかかっています。

3.会社を探す

応募する会社を探します。業種、業界で応募先企業を探す場合と、職種で探す場合の2通り考えられます。

4.応募する

応募の方法は3つあります。[1]転職サイトから応募する。[2]転職エージェント経由で応募する。[3]直接応募する。それぞれメリット、デメリットがありますので、解説します。応募後、企業側が書類選考を行い、通過すれば面接に進めます。

5.面接を受ける

書類選考が通過したら、いよいよ面接です。あなたのよさが伝わるように、また、企業からも必要な情報をもらえるようにしましょう。最も大切な活動になります。

6.内定を受託する

企業から内定がもらえたら、そこで初めて、入社するかどうかを確認し、内定を受託することで転職前のタスクが完了します。内定したからといって、安心するのはまだ早いです。入社する前に労働条件をチェックし、必要書類を準備しましょう。

転職はどうすれば成功するか

転職の準備をする

会社を探して応募する

大企業と中小企業のどちらに転職するほうが良いか

ブラック会社対策

転職エージェント

ハイクラス転職

エグゼクティブ転職

面接はどうすれば成功するか

> よりよい転職を考える Tips on 転職(転職のコツ)